VOIR RECOMMENDS

Ray,Ban

このエントリーをはてなブックマークに追加

Ray,Ban は ジョン  ジェイコブ  ボッシュ と ヘンリー  ロム が 1863年に共同経営で Bausch & Lomb Company (ボシュロム)  をスタート。航空機に搭載される測量用航空カメラレンズやパイロット用のゴーグル、眼科検査機器など高性能な光学機器などが製造されました。
1926年にパイロット向けに「Ray,Banサングラス」が開発され、1937年より一般にも販売されるようになりました。
1999年以降イタリア の LUXOTTICA (ルックスオティカ) が製造販売しています。

Ray,Ban お勧めモデル

RB4258 と RB4259 は レイバンで最も人気のあるモデルです。
この2型は フロント (玉形) 違いで、テンプル形状は同じ仕様です。
RB4258 は 立幅のあるスクエアー型(四角)
RB4259 は ラウンドスタイルのウエリントン 
どちらも キーホール 🗝( 鍵穴に似た形状 )が特徴のモデルです。


RB4258 : スクエアなウェリントンのフロントデザイン 
テンプルは細く肌に触れる面積も少なく、ストレスを感じず ご使用いただけます。
アジアンフィッティングでかけやすいだけではなく、
ブリッジ幅も広く、サングラスやメガネをかけると赤く鼻にあとが残ると言われる方にはお勧めです。

 

RB4259 は 4258 同様 テンプルは細く肌に振れる面積が少ないためストレスを感じること無く、スマートな印象に見えます。
アジアンフィッティング になっていることで、かけ心地はとても良く丸みのあるレンズシェイプが柔らかな印象になり、
ファッションに とても合わせやすいデザインです。

4258・4259 と 他のモデルとの違い
右 2132(NEW WAYFARER ) : ① (ブリッジ) の厚みを強調することで存在感のあるスタイルになります。② はストレートなラインにし、切れのあるクラシックなヴィンテージスタイルを表現しています。左 4258・4259 :① はキーホール型にし細さを表現しています。② カーブしたラインになっている事で柔らかな印象になります。フレームのシルエットで印象は大きくが変わります。
好みのファッションやスタイルによって選び方も変わってくると思います。

フラットレンズを使用したラウンドメタル RB3447N 

 

RB3447N : クラシックスタイルのラウンドメタル
80s~90s にシャープな印象表現の手段として用いられた
フラットレンズにクラシックをミックスした
シンプルでスマートなデザインです。
レンズカラーは定番の G-15 (濃いグリン) と、
優しく柔らかな印象に映る ブラウングラデーション・
グレイのダブルカラー・ライトブルーグラデーション
の 4色展開になり、
いろいろなスタイルにコーディネートしやすいモデルです。

NEW COLLECTION 『 Oldies 』
RayBan Icon model と言えば オールディーズ スタイル の
WAYFARER ( 2140 ) と NEW WAYFARER ( 2132 ) が 代表される モデル 
オールディーズ コレクション に NWE MODEL がリリースされました。
ウェリントンではなく、スクエアで探していた方に お勧めのモデル
フロントはオーソドックスなスクエア、ヴィンテージな風合いの厚みがあるテンプル
Rock な印象のデザインです♪

 

CLUBMASTER(クラブマスター)クラシック 
おすすめは 55S のモデルになります。
従来の 49 ~ 51Size のイメージとは変わり、
ゆったりしたサイズは、柔らかな印象になり
多くのスタイルにコーディネートしやすくなりました。

 

ERIKA 4271
4259 と 4258 があるからイイかな?と思う方にも
是非、見て頂きたいカラーです!

新たに追加されたカラーリングのクリアーなフレーム4色登場しました。
『 ポップでオシャレ!』と声も多く、一気にERIKA人気は上昇しました。
ERIKA 復活⁉ と感じて頂けるモデルです。

多くのモデルがあり、お悩みの方は一度ためして下さい ♪ 

このエントリーをはてなブックマークに追加